放送批評総目次

No.163/1982年12月号

housou198212

<特集>ドラマ――テレビ巨匠時代
巻頭対談 新しいテレビの歴史が始まった
/川口幹夫 村木良彦
インタビュー 僕の物語は過ぎ去った日々へのラブレター
/市川森一
僕たちのドラマツルギー 「坂本竜馬」で試みたこと/河合義隆
テレビに変装した鸚鵡――K氏論のはじめに/加藤 直
ドラマ作家考
新鉱脈との出会いは楽しい 早坂暁という作家/深町幸男
個人様式・集合体の様式そして時代様式
山田太一という作家/鴨下信一
「――」の重さ 倉本聡という作家/内館牧子
座談会 ドラマはクラシックで笑いはジャズだね
/三宅恵介 佐藤B作 大岩賞介 司会・大野三郎
「24時間テレビは慈善番組ではありません」――共に生きる社会を目指して/都築忠彦
クローズアップ4 ファインダーのむこうは未知の世界
/ゲスト・大石芳野 きき手・木島 章
アジアからの視点(台湾・日本の放送事情)NO.7
連載(最終回) ぶらうん管うらがえ史/白井隆二
書評
アメリカマスコミ事情(タナート・トーマス著)
年間テレビベスト番組、1981年度(志賀信夫著)
テレビドラマ紳士録(ジェームス三木対談集)
広告化社会(大橋正房著)/服部孝章
列島テープボックス ラジオドキュメンタリーの昨今/山県昭彦

error: Alert: Content is protected !!