第54回ギャラクシー賞 上期入賞・入賞候補作品

<2016年4月1日〜9月30日>


 ◆テレビ部門 <入賞決定作品>

クレイジージャーニー「リヤカーマン」 (TBSテレビ)

黒声の記憶 (鹿児島テレビ放送)

追いつめられた“真実”〜息子の焼身自殺と両親の9年〜 (毎日放送)

プレミアムドラマ「奇跡の人」 (日本放送協会 日テレアックスオン)

ゆとりですがなにか (日本テレビ放送網 日テレアックスオン)

NHKスペシャル「ある文民警察官の死〜カンボジアPKO 23年目の告白〜」 (日本放送協会)

ザ・スクープスペシャル「緑十字機 決死の飛行〜誰も知らない“空白の7日間”〜」 (テレビ朝日 静岡朝日テレビ)


 ◆ラジオ部門 <入賞候補作品>

ベッドの上のカメラマン (福井エフエム放送)

私の故郷はどこですか〜中国人記者が見た中国帰国者のいま〜 (RKB毎日放送)

KBC長浜横丁 居酒屋清子 (九州朝日放送)

広島原爆の日 ラジオ特集「あの日、母は少女だった〜被爆の記憶をたどる母と息子の対話〜」 (日本放送協会)

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル (TBSラジオ)

RBC i radioスペシャル「同性パートナーシップ制度について考える」 (琉球放送)

山下達郎のサンデー・ソングブック (エフエム東京)

高橋みなみの「これから、何する?」 (エフエム東京)


 ◆CM部門 <入賞候補作品>

アマゾンジャパン Prime Amazon Prime “Lion” (アマゾンジャパン 博報堂 AOI Pro.)

インターメスティック Zoff SMART シリーズ「心が折れた男篇 A」「心が折れた男篇 B」 (インターメスティック TUGBOAT 博報堂 東北新社)

大塚製薬 カロリーメイト「Mate篇」 (大塚製薬 catch 博報堂 AOI Pro.)

大塚製薬 ポカリスエット シリーズ「エール篇」「サンクス篇」「ポカリガチダンスありがとう篇」 (大塚製薬 電通 ギークピクチュアズ)

KDDI au「秋のトビラ・三太郎の出会い篇」 (KDDI 電通 AOI Pro.)

サイバーエージェント グランブルーファンタジー シリーズ GBF グラブってる?「食卓篇」「バイト篇」「屋上篇」「図書室篇」 (サイバーエージェント 電通 エンジンフイルム)

静岡新聞 SBS 企業「超ドS 静岡兄弟篇」 (静岡新聞 静岡放送 電通 スプーン)

ジャパネットたかた 企業 シリーズ Goods for you「つながる篇」「伝える篇」 (ジャパネットたかた ジャパネットメディアクリエーション EN)

テレビ埼玉 私CM シリーズ「中島千裕篇」「長島剛士篇」 (テレビ埼玉 電通 ピクト)

東海テレビ放送 公共キャンペーン・スポット「堀川、ヤバくない?」 (東海テレビ放送)

トヨタマーケティングジャパン WHAT WOWS YOU シリーズ MESSAGE MOVIE「交通安全篇」「イチローが嫌いだ篇」 (トヨタマーケティングジャパン 電通)

別府市 シリーズ「別府温泉の男達 CMシリーズ」 (別府市 電通九州 ランニング U2)

ゆうちょ銀行 企業 シリーズ「登場篇」「娘の結婚相手篇」「父の単身赴任篇」「母からの電話篇」 (ゆうちょ銀行 電通 ギークピクチュアズ)


 ◆報道活動部門 <入賞候補作品>

富山市議会の政務活動費不正をめぐる調査報道 (チューリップテレビ)

ハートネットTV・熊本地震に関する一連の報道活動 (日本放送協会)

Piece for Peace HIROSHIMA 平和へのひと筆 プロジェクト 〜平和へのひと筆からオバマへの手紙へ〜 (広島テレビ放送)

*テレビ、ラジオは放送日順、CMは企業名順、報道活動は申込社50音順に記載。

■テレビ部門は以上の7本の選定作品と下期選定作品(2016年10月1日〜2017年3月31日放送分)を合わせた中から、ギャラクシー大賞1本、ギャラクシー優秀賞3本、ギャラクシー選奨10本(予定)が選出されます。
■ラジオ部門は以上の8本の候補作品と下期候補作品(本数未定)を合わせた中から、ギャラクシーラジオ大賞1本、ギャラクシーラジオ優秀賞3本、ギャラクシーラジオ選奨4本、ギャラクシーラジオ奨励賞が選出されます。
■CM部門は以上の13本の候補作品と下期候補作品(本数未定)を合わせた中から、ギャラクシーCM大賞1本、ギャラクシーCM優秀賞3本、ギャラクシーCM選奨9本、ギャラクシーCM奨励賞が選出されます。
■報道活動部門は以上の3本の候補作品と下期候補作品(本数未定)を合わせた中から、ギャラクシー報道活動大賞1本、ギャラクシー報道活動優秀賞(本数未定)、ギャラクシー報道活動選奨(本数未定)、ギャラクシー報道活動奨励賞が選出されます。
■いずれも最終選考結果は、2017年6月上旬の“ギャラクシー賞記念の宴”式場で発表されます。

第54回奨励賞受賞作品はこちら

HOME / BACK