放送批評バックナンバー(1983年)






















 

No.174/1983年12月号

<特集>テレビの創る世界
  アニメーション・「鉄腕アトム」から「うる星やつら」まで
  パネルディスカッション アニメーションが開拓した知的空間
  /パネラー・岡 正 田宮 武 平岡正明 宮原照夫 
    司会・小山雄二
  資料1 関東地区TVアニメ番組一覧表
  資料2 各年ごとのTVアニメ番組本数
  資料3 TVアニメ視聴率表
  資料4 TVアニメ視聴率ベストテン
  アニメの果てしない想像カ
  テレビが忘れた可能牲は
  アニメーションの中に生きているのだ
  /徳木吉春
  作品名のでてこないアニメ論 テレビアニメの原風景/霜月たかなか
  アニメーションへの正しい視座を!すばらしきアニメ文化/赤池 司
  テレビ・アニメーションを救う七つのポイント 「アニメージュ」編集部座談会
  テレビ履歴書6 わたしのテレビ始末記/板倉 基
クローズ・アップ14 エンサイクロペディアと人は言う
/ゲスト・佐々木孝丸 きき手・島田親一
連載(10回) ぶらうん管うらがえ史 PART2/白井隆二
書評
  視聴率の正体(ビデオ・リサーチ編)/服部孝章
  年間テレビベスト番組1982年度(志賀信夫著)/服部孝章
  テレビ視聴の30年(NHK放送世論調査所編)/小池保緒
  捜索報道(読売新聞大阪社会部著)/小池保緒
列島テープボックス マイクー本さらしに巻いて/北上賢治
 

No.173/1983年11月号

<特集>テレビの創る世界 “ザ・ベストテン” の場合
パネルディスカッション 日本文化の最表層 “テレビ歌謡曲”
/久保嶋教生 山田修爾 井口文雄 平岡正明 
  司会・大野三郎
資料1 「ザ・ベストテン」年間平均視聴率・最多出場記録
資料2 年間ベストテン昭和53年〜昭和57年
テレビ歌謡番組事情/宮本 啓
メディアの都合が音楽文化を擾]、させてはいけない/渡辺 勲
中学生お喋り会 “ザ・ベストテン” はおもしろい?
歌のないウタバンは文化びんらん罪である/武市好古
テレビには歌の “場” がない 
スタジオから足寄は見えないだろう/田家秀樹
クローズ・アップ13 “一柱” に秘められた危険
/ゲスト・佐木秋夫 きき手・片山明子
テレビ履歴書5 具象はイイが抽象はダメ/木村栄文
連載(9回) ぷらうん管うらがえ史 PART2/白井隆二
書評
  テレビドラマ三〇年(原田信男著)/小池保夫
  感じる世界―テレビ時代の子育て(高橋克雄著)/小池保夫
  ニューメディア用語辞典(日本放送出版協会編)/小池保夫
  外来語実用事典(藤村昌夫男著)/鶴間林太郎
列島テープボックス/あがたはじめ
 

No.172/1983年10月号

<特集>テレビの創る世界「笑っていいとも!」考
パネルディスカッション “いいとも!” 構造の裏側
/コーディネーター・平岡正明 
  パネラー・高平哲郎 藤久ミネ 横沢 彪
資料1 「笑っていいとも!」テレフォンショッキング “友達の輪” ゲスト表
おもしろ路線・フジテレビ/岩切保人
資料2 「笑っていいとも!」「笑っていいとも!増刊号」
     過去平均視聴率の推移表
タモリ現象を考える
  ネクラ人間・タモリの毒気/加東康一
  「笑い」と「おかしさ」は違うのです/滝 大作
  脱・テレビジョン「笑っていいとも!」/小田原敏
テレビ履歴書4 わたしのテレビ事始/辻 真先
クローズアップ12 満月の夜、白鳥の湖に遊ぶ/ゲスト・淀川長治 きき手・小山雄二
連載(8回) ぶらうん管うらがえ史 PART2/白井隆二
書評
  これが自由ラジオだ(粉川哲夫著)
  哲学者の映画論(島田 豊著)
  マスコミ裁判―戦後編(片野 勧著)/T・H
列島テープボックス ラジオは番組も審査もだんだんウソッぽくなっている/あがたはじめ
 

No.171/1983年9月号

<特集>テレビの創る世界「おしん」の場合
スーパーウーマン “おしん”/麻生千晶
パネルディスカッション 視聴率60%の周辺
/コーディネーター・平岡正明 
  ゲスト・稲葉三千男 パネラー・沖野 瞭 大野三郎 川本 勝
資料1 連続テレビ小説22年…「娘と私」から「よーいドン」まで
資料2 NHK放送世論調査所、全国視聴率調査による
     朝の連続テレビ小説、平均視聴率
井戸端会議――あこがれの、おしんちゃん
テレビ履歴書3 わたしのテレビ事始/澤田隆治
クローズアップ11 からだがレビューってものを感じているみたい
/ゲスト・宴園ゆり きき手・川島康之
連載(7回) ぷらうん管うらがえ史 PART2/白井隆二
書評
  こちらロンドンBBC―BBC日本語部の歩み(大蔵雄之助著)
  テレビで働く人間集団(NHK総合放送文化研究所編)
  ザ・コミュニケーションー届く映像メッセージ(浦 達也著)
  メディアの権力1(デイビット・ハルバーズタム著)/T・H
列島テープボックス ラジオから今日が見えるか/山県昭彦
 

No.170/1983年8月号

<特集>テレビによるテレビ批評
―NHK「わたしの番組批評」考―
  番組批評とテレビ放送/服部孝章
  いま、なぜ自己批評番組か/多湖實之
座談会 新しい起爆剤「わたしの番組批評」
/沖野 瞭 藤井 潔 松尾 伸 司会・島田親一
テレビにモラルを問う ブッシュマンとドランクマン/遊佐雄彦
放送批評懇談会20周年記念特集アンケート(続)
/村木良彦 大岩賞介 奥山光伸 戸国浩器 隆巴 小川秀夫
放送批評懇談会20周年記念スピーチ集(抜粋)
/小谷正一 小沢昭一 岸 恵子 祖父江敬三 藤井 昭
  小原秀喜 福尾元夫 濱田精造 石田 彪 浦山太郎
 香川 宏 山西由之
テレビ履歴書2 外国TV映画と共に/阿部邦雄
連載(6回) ぷらうん管うらがえ史 PART2/白井隆二
クローズアップ10 座蒲団一枚ずつがおもしろい
/ゲスト・三林亮太郎 きき手・草壁久四郎
書評
  透明大怪獣時代の広告(佐野山寛太著)
  放送文化論(津金沢聡広・田宮 武編)
  電子戦争・メディア戦争(田原総一朗著)
  ブラウン管の仕掛入たち(伊東弘祐著)/小池保夫
列島テ一プボックス ラジオは体制としてぺけである/北上賢治
 

No.169/1983年7月号

放送批評懇談会20周年特別号
放送批評とは何か?〔エッセイ〕
  放送批評の使命/大林 清
  今こそ批評は天の声/川口幹夫
  「私と批評」/小泉 博
  豊かさは自分で創り上げていくしかない/今野 勉
  空しさを払拭することが肝要/酒井 昭
座談会 批評のないところに進歩はない
/佐藤 精 古谷糸子 松田 浩 司会・志賀信夫
放送批評懇談会20周年記念特集アンケート
  放送関係者122人に聞く
  1 20年前のあなたは放送とどう関わっていましたか?
  2 その頃、放送に対してどのような夢を持っていましたか?
  3 その結果は……?
  4 いま、あなたの思うことは?
ギャラクシー賞20年の記録
クローズアップ9 キラキラ輝いているものがいい/ゲスト・岩田糸子 きき手・山県昭彦
書評
  センチメンタルドラマ集(市川森一著)
  虹をつくる男たち(向井 敏著)
  なつかしの殺人の日々(辻 真先著)/小池保夫
列島テープボックス 5月2日のラジオを聴いてみた/あがたはじめ
 

No.168/1983年6月号

<特集>テレビ履歴書 私とテレビ/阿木翁助
特集 あなたが主役 視聴者主役のコンセプト
TVというメディアの畑で おらたち 何をすっぺか?/橘川幸夫
ルポルタージュ・視聴者参加番組を探る
  目立ちたがりやの子供たち「歌謡ドッキリ大放送」/片山明子
  視聴者参加現象はここまできた「笑っていいとも!」
  /大野三郎
  組織化した人集め 作られた参加の実態/中島好登
  ともかく出た方が勝ち 聖地巡礼としての視聴者参加番組
  /亀和田武
視聴者主役番組「はい!10時です」/上坪 隆
座談会 視聴者の視聴者による視聴者のためのテレビ
/萩野靖乃 都築忠彦 皇 達也 司会・大野三郎
クローズアップ8「スポンサー・テレビCM・視聴音」って何?
/ゲスト・村上和子 きき手・川本 勝
連載(5回) ぶらうん管うらがえ史 PART2/白井隆二
書評
  日本のジャーナリズム(内川芳美・新井直之編)
  嘘ついたら針千本(大森 黎著)
  こんなテレビ界を知っている(田中 敦著)/小池保夫
列島テープボックス ラジオドラマは “もはや” か/井口泰子
 

No.167/1983年5月号

<特集>茶の間のジャーナリズム
非「茶の間」の成立/野崎 茂
街頭インタビュー いまワイドショーはどうなっているのか?
番組解剖 久米宏のTVスクランブル
  新しい時代の情報番組が生まれた/三木鮎郎
  10人中、1.5人が喜ぶ番組/藤田邦夫
私の女性キャスター論 男性の身勝手に負けるな/小玉美意子
アンケート 1 あなたのスクープは? 2 あなたの失敗談は?
座談会 茶の間と同時進行 ワイドショー
/長田 透 山本 治 早川忠夫 司会・川本 勝
クローズアップ7 人間て、矛盾しているから面白い
/ゲスト・増田しづ子 きき手・大野三郎
アジアからの視点(最終回) ヒューマン・リレーションを求めて
/大林 清 鈴木久尋 大山勝美 小中太道 島田親一
連載(4回) ぶらうん管うらがえ史 PART2/白井隆二
書評
  演劇・映画・テレビ・舞踏・オペラ百科(倉橋 健・竹内敏晴著)
  日本のテレビ文化(北村日出男・中野 収編)
  テレビ創世記(白井隆二著)/小池保夫
列島テープボックス 「みたいなもの」としてのラジオ/山県昭彦
 

No.166/1983年3・4月号

<特集>イベント――冠文化
座談会 社会の成熟化が始まった
/井上義文 藤岡和賀夫 松岡悦雄 司会・川上 宏
スポーツイベント偶感/梅沢和夫
テレビに活かせる映画の熱気/角谷 優
テレビ自体のイベント化/勝田 建
インタビュー・ノートから 映画「遠野物語」が出来るまで
/山県昭彦
イベントにテレビは不可欠だ/藤田 潔
〔資料〕主要スポーツイベント一覧
巻頭エッセイ 民放ドラマは酸欠だ/川内康範
クローズアップ6 
昔はパブリック・リレーションいう言葉なかったからね
/ゲスト・小谷正一 きき手・志賀信夫
アジアからの視点(シンガポール・日本の放送事情)NO.9
連載(3回) ぶらうん管うらがえ史 PART2/白井隆二
書評
  前略おふくろ様(倉本聡コレクション1-4)
  放送記者の見た中国(青柳 森著)
列島テープボックス ラジオはトンネルを掘れるか/あがたはじめ
 

No.165/1983年2月号

<特集>ニューラジオを求めて
あなたはラジオを聴いていますか?(街頭インタビェー)
広告戦略におけるラジオのポジション/森 哲夫
実践ラジオ座談会
  いまラジオはバネを撓わめた――営業の現場から
  /山内太海 四方恒充 遊佐雄彦
  聴かれなければラジオじゃない――編成・締乍の現場から
  /小林昭一 藤井 誠 吉村達也 小山雄二
地域とラジオのケーススタディ/大類 啓
  ただの人間のぬくもりを「山形・戦没兵士の手紙」について
  ラジオ人間 ひとくち集 前略近頃ラジオ様
「ニューラジオ宣言」のすすめ/山県昭彦
クローズアップ5 民放ラジオ開局―あの情熱を今一度
/ゲスト・吉村平吉 きき手・井口泰子
アジアからの視点(フィリピン・日本の放送事情)NO.8
連載(2回) ぶらうん管うらがえ史 PART2/白井隆二
書評
  これがドキュメンタリーだ―日本の記録映画作家(水野 肇著)
  時代を盗む(小川 明著)
  メディアの牢獄―コンピューター化社会に未来はあるか(粉川哲夫著)
  ジャズを読めば―人生はエンタテイメント(武市好古著)
列島テープボックス 正月三が日のラジオ所見/あがたはじめ
 

No.164/1983年1月号

<特集>1983年の83人
座談会 '83年放送人グラフィティー
/加東康一 水原明人 大野三郎 片山明子 川本 勝 
  小山雄二 島田親一 山県昭彦
1983年の83人
  秋吉久美子・浅利香津代・安達尚彦・アン・ルイス・
  池上季美子・池端俊策・いしだあゆみ・泉谷しげる・市川森一・
  糸井重里・伊東四朗・伊藤 蘭・宇崎竜童・柄本 明・岡崎 栄・
  緒形 拳・小山内美江子・オール阪神巨入・桂 文珍・
  金子成人・鴨下信一・河合義隆・川崎 徹・木内みどり・
  岸本加世子・木村栄文・久世光彦・久米 宏・後藤篤志・
  小柳ルミ子・紺野美沙子・坂本あきら・坂本龍一・崎山律子・
  重延 浩・笑福亭鶴瓶・杉田成道・高樹 漂・高橋恵子・
  滝田 栄・武田鉄矢・田中邦衛・田中裕子・田中好子・タモリ・筑紫哲也・津川雅彦・
  辻本晃一・鶴橋康夫・徳光和夫・所ジョージ・冨川元文・中原理恵・中森明菜・
  名高達郎・夏目雅子・名取裕子・萩本欽一・萩原健一・張本 勲・坂東八十助・
  ビートたけし・平田 満・弘岡寧彦・深町幸男・古尾谷雅人・堀川とんこう・増田得三・
  松田優作・松原敏春・三浦友和・美保 純・森 昌子・森口 諮・山村美智子・山本晋也・
  横沢 彪・吉田照美・吉田日出子・吉永小百合・頼近美津子・隆 大作・零心会
新連載 ぶらうん管うらがえ史 PART2/白井隆二


BACK / HOME / NEXT

 
更新:2011/7/6



プライバシーポリシーこのサイトについてお問い合わせ/MAP