放送批評バックナンバー(1974年)






















 

No.80/1974年12月号

番組評
  オズの魔法使い/大橋弘明
  六羽のかもめ/薄井昭夫
  華麗なる一族/猪俣勝人
  シーリズ・特集「直撃インタビュー・中核vs核マル」
  /小橋正哉
  期待される野坂像/石崎浩一郎
<特集>カリスマの終焉
木下恵介論・ゴーマンな私性の「歴史」主義者/松尾羊一
和田 勉論・地上より永遠に/鳥山 拡
岡本愛彦論・“悲惨の美” すらない/斉藤正治
石井ふく論・希望のイデオローグ/石井清司
牛山純一論・“旅” の順延/龍村 仁
上田 哲論・“三波春夫風の部分”/ばばこういち
「戦後」京都学派論・'30年代後半の思想t遺産はどう継承されるか/荒瀬 豊
今道潤三論・柔軟な感覚のカリスマ/青木貞伸
高橋信三論・「オッチョコチョイ」な総師/田所 泉
“愛の狩入” 佐々木昭一郎―「夢の島少女」NHK―によせて/鳥山 拡
「意見広告は是か非か」のティーチ・インを終えて思うこと/鈴木 均
欧米放送事情3 アメリカン・ドリームとニクソン失墜/川上 宏
書評 「新編 私の昭和史」全4巻(東京12ch社会教育編)/志賀信夫
反作用 こんげつのざっしから/後藤和彦
 

No.79/1974年10・11月号

番組評
  シリーズ特集「されどわれらが夏」/井沢 淳
  午後のロータリー「小さな音の暴力」/田山力哉
  セイ!ヤング「眠れぬ夜の物語」/清水正晴
  新宿さすらい節/鬼頭麟兵
  「ヤブニラミ」バンザイ/荒瀬 豊
<特集>いま放送の現場は…?
ガラス越しの風景/龍村 仁
視聴者とダイレクトにバイブレートしたい/田川一郎
町工場での自虐的な努力/中川 昇
具体的に番組をつくる以外ないだろう/田原総一朗
ヤベエときのモットー/林 美雄
われらスーパーマン/民野九郎
喜びも怖わさもなく/鎌内啓子+吉本安江
こちらビンボーTV局/都築忠彦
「笑い」と「国家」/岡庭 昇
初めて、NHKのことを書いてみた/鈴木志郎康
テレビ暗黒論/矢崎泰久
座談会 番組表現の構造と「私的なるもの」/青木貞伸 井口泰子 斉藤正治 松尾羊一
欧米放送事情2 イギリス・ジャーナリズムの特色/川上 宏
現場からの反論「みんなで語ろう」下 制作者の意図不在を目指して/諏訪恭也
反作用 こんげつのざっしから/八川敏昭
 

No.78/1974年9月号

<特集>「意見広告」批判―ニセの公共牲とその政治的使命
「意見広告」の政治的性格/鈴木 均
批判的公共性としての「意見広告」/木村恒久
割り切れない余りの処置について/よしだともや
政見放送 ホーマツ論/松尾羊一
政見放送 その可能性―「広場」への希求/松田 浩
節電キャンペーンと反・広告の立場5 危機の広告と広告の危機
/津村 喬
現場からの反論「みんなで語ろう」上 
製作者の意図不在を目指して/諏訪恭也
書評 現代マスコミュニケーション論(堀川直義編)/後藤和彦
番組評
  投書短編怪奇シリーズ「ゼロの世界」/小松一三
  ラジオ特集ドキュメンタリー「山谷の赤ひげ」/関口 瑛
  河村季里・さすらいの男/福田みずほ
  名作のふるさと/田嶋 明
 

No.77/1974年8月号

<特集>テレビの使い方教えます
なつかしのきみはいま/田所 泉
インテリアに強くなろう/キノトール
大人のオモチャ/内田栄一
CFの読み方・実践編/橋本 勝
「燃える民主主義ショー」/丸山邦男
3年後の参議院選挙各馬一斉にスタート/水原明人
「再現フィルム・ライブラリー」設立提唱者に聞く/井口泰子
猿股一つで「人生を喝破」できるのです/球磨元男
節電キャンペーンと反・広告の立場4 
電力における<公共牲>の構造/津村 喬
“反自民意見広告” 始末記/加東康一
欧米放送事情1 イギリスのテレビ/川上 宏
書評 マスコミ文献集大成(総合ジャーナリズム研究所編)/青木貞伸
反作用 こんげつのざっしから/大橋正房
 

No.76/1974年7月号

<特集>ジゴマからピンクまで―映像検閲の思想とその基盤
「ジゴマ」前後/千葉伸夫
南部僑一郎氏に聞く・戦前・統制下の映画/編集部
大島渚氏に聞く・60年代映像個人的体験/斉藤正治
俺にとってピンク映画とは何か/梅沢 薫
テレビ三代記/大和屋竺
テレビ空間/廣末 保
番組評
  みんなで語ろう/松田 浩
  金曜10時!うわさのチャンネル!!/八川敏昭
  テレサG/山縣昭彦
  ドキュメント日本人/栗城誠一
  冬の花・悠子/村川 英
ジュリー・アンドリュース・アワー/大沼 正
書評
  日本映画名作全史(猪俣勝人著)/田山力哉
  マスコミ現代史'72(日本マスコミ市民会議編)/大橋正房
 

No.75/1974年6月号

<特集><嘘>の間隙と創造
「総理と語る」のコミュニケーション的意味/鈴木 均
テレビドラマと嘘/森川時久
氷河期の映画/水野 肇
「非在」の創造性/斉藤正治
0RTFの連続テレプレイの構造/鳥山 拡
節電キャンペーンと反・広告の立場 住民包囲工作としてのCR
/津村 喬
番組考 不幸な宣告のおもしろさ/大橋正房
テレビ考 ステーション・イメージについての一考察/桑原 宏
 

No.74/1974年5月号

<特集>未成の回路
テレビ界にルターはいないのか/青木貞伸
「小野田報道」の素顔・そして少尉の素顔/鈴木 均
そしてまた番組が消えた/小林久男
もうひとつのテレビ/石崎浩一郎
事実というウソ/関口 瑛
書評 近郊都市(鈴木 均著)/松尾羊一
 

No.73/1974年4月号

<特集>負の転位 入力における怒りは受け手に届くか
幻想のテレビ局は可能か/斉藤正治
テレビレイ・その負の転位/鳥山 拡
テレビ、ん? イテコマサレテル/武田美由起
腹が立つから作るのだ/田原総一朗
常民的なるもの―身体的なるもの/津村 喬
最後に書く者 ここにひとりのタレントあり/中山千夏
書評
  テレビ、その余白の思想(吉田直哉著)/龍村 仁
  メディアの政治(津村 喬著)/鈴木 均
  モンタージュ考(瓜生忠夫著)/山本喜久男
反作用 こんげつのざっしから/大橋正房
 

No.72/1974年2・3月号

<特集>同時代における光と闇
      ―「テレビ的」「映画的」の関係位相
テレビと映画の危険な相似形/鳥山 拡
テレビと映画の交錯/鈴木 均
第二の機能的分析/佐怒賀三夫
「テレビ的」その負と正/都築忠彦
空想鰭誤/佐々木昭一郎
スタアとタレント/佐藤忠男
「映画的」戦略草案/斉藤正治
節電キャンペーンと反・広告の立場2 
中東戦争と日本的資源ナショナリズム/津村 喬
今月の視座・放送批評
芸術祭のラジオ・ドラマ・ドキュメンタリ部門/和田矩衛
書評
  講座・現代ジャーナリズムIV「出版」/清水英夫
  ニセモノ時代(ばばこういち著)/仲佐秀雄
反作用 こんげつのざっしから/桑原 宏
 

No.71/1974年1月号

<特集>ヒットヒットパロディ――放送界隈強面色解話
きょうのごちそうさま/絵師・橋本 勝
ポンピキの聞くところによると紅白歌合戦/しまねきよし
「小説TBS闘争」外伝/田所 泉
贋「週刊テレビガイド」編集長始末記/斉藤正治
パロディ・ワイドショー/竹中 労
ハーイ、カハンシンのおねえさんよ/吉行和子
アナウンサーって何んでっしゃろ?/青木貞伸
テレビ評論家偏見印象記/井口泰子
キンキン・ケンケン21世紀記念ジョッキー/水原明人
荻センセイと淀チョーさんを一緒にしてはイケナイのだ
/松本宏彦
どうか事実と混同しないで下さい/佐木隆三
「テレビ」は放浪を駆逐する/清水邦夫
将軍とお巡りさん/中村敦夫
ああ広告は夢かうつつかまぼろしか/川上 宏
放送番組向上委員会/須藤忠昭
れこーど評 ラジオ・ドラマ―音と沈黙の幻想/竹内日出男
書評
  不可能性のメディア(松田政男著)/大島 渚
  小説TBS闘争(平田 啓著)/松尾羊一
ポップ文化論(日向あき子著)/石崎浩一郎
ボクたちの蛋態学(奥野卓司勃橋本勝67
NHK解体大作戦 カオスのテレビ・ドラマ(志賀信夫著)/野崎 茂


BACK / HOME / NEXT

 
更新:2011/7/4



リンクこのサイトについてお問い合わせ/MAP