放送批評バックナンバー(1971年)






















 

No.48/1971年12月号

<特集>映像と音声におけるCMのメッセージ効果を探る
テレビCMに於ける映像の役割/堀工史朗
心をつかむイメージビルド/西谷尚雄
映像はラブレターのように/大林宣彦
新しい広告環境下におけるCFのコミュニケーション効果
/鳥居 博
感覚の次元から同時代哲学へ/日向あき子
あるルーズなCM視聴音の発言/鈴木 均
音声によるメッセージ効果を探る
実践的ラジオ制作論/廣沢中任
ヤングマーケットにおける音声のメッセージ効果を探る
ロックはヤングの合言葉/小林亜星
小学生・中学生・高校生・主婦のCM批評
子供状況論による子供とCM/斉藤次郎
視座・作品評
  天皇の「御訪欧報道」特集/鈴木 均 鳥山 拡 志賀信夫
  ドキュメンタリ「世界の都市開発」/飯島 正
  新聞の放送批評を批評する/編集委員
反作用 こんげつのざっしから/松田 浩
書評
  そっくり文明の構図(鈴木 均著)/江藤文夫
  ラブ・マシーン(ジャックリーヌ・スーザンチ著)/志賀信夫
  緑色革命(チャールズ・A・ライク著)
 

No.47/1971年11月号

<特集>テレビ・ジャーナリズムの位相を探る
政治ドキュメンタリーへの道/木島康之
センセーショナルを拒否する/見塩忠彦
“ヒロシマ” 報道の質的変貌/佐々木嘉治
公害ドキュメンタリーの視線/田中信之
病める農村にカメラをおく/佐々木実
テレビよ勇気をもて「テレビ・ジャーナリズム」の強化を
/青木貞伸
今、「放送批評」に何が起きているか 
須藤忠昭氏の「訓告」についての報告/編集委員会
“テレビ的なるもの” の探究試論1
エドガール・モラン著「映画」によるテレビ的映像の考察
/鳥山 拡
視座・作品評 NTV特集
   すばらしい世界旅行 ドキュメント71/伊奈一郎
   すばらしい世界旅行/田山力哉
シャボン玉ホリデイに捧げる/増淵 健
書評 コミュニケーション論(鳥居 博著)/川上 宏
反作用 こんげつのざっしから/清水英夫
新聞の放送獄評を批評する
民放研究15 山陰放送/和田矩衛
 

No.46/1971年10月号

<特集>プロデューサーとは何か
私の実践的プロデューサー論
プロデューサーについてのメモ/牛山純一
プロデューサーとは潤滑油/石井ふく子
ドロップ・イン/田原総一朗
血のかよった問題意識/田中信之
マンモス企業体におけるプロデューサーの位置/瀬川昌明
アンケートを透視する
アンケート全文紹介21
分析・寄せられた回答のまとめ/井口恭子
「場」が先行するタテ構造の社会/鳥山 拡
フレッド・コー、エド・マローについて/鳥山 拡
視座・作品評 71戦争・被爆をテーマにした作品を中心に
  戦争のなかの平和/山本喜久男
  加害者の視点/松田 浩
  原爆記念式典の神聖さ/三津田透
テレビ時代の楽屋話/斉藤正治
反作用 こんげつのざっしから/志賀信夫
民放研究14 山陰三局の相互乗りいれと日本海テレビ放送/和田矩衛
 

No.45/1971年9月号

<特集>自主規制の構造
放送の自由について/清水英夫
<自主>幻想の底辺について/村木良彦
報道 機構ぐるみの統制支配/須藤忠昭
野球 プロ野球放送のタブー/鈴木武樹
歌番組 骨がらみの論理/渡辺久男
視座・作品評 NHK特集
  セサミ・ストリート/いぬいたかし/江上照彦
  世界のワンマンショー/堀江史朗
  きょうのニュース/斉藤正治
  繭子ひとり/田山力哉
民放研究13 北海道放送・札幌テレビ放送 その2/和田矩衛
複製文化論について
ワルター・ベンデミン「複製技術時代の芸術について」を中心に/中野 収
U.S.Aだより テレビには無限の可能性がある/坂本一成
反作用 こんげつのざっしから/餌取章男
書評
  幕なしの思考(戸井田道三著)/斉藤正治
  テレビの発想(佐怒賀三夫著)/和田矩衛
  情報革命の神話と現実(田 英夫著)/堀川直義
 

No.44/1971年8月号

<特集1>「情報化時代」における選挙
情報不信時代のイメージ選挙/大前正臣
タレント候補は如何にして既成政党を撃った?/石崎勝久
政見放送/井口恭子
選挙特番…キャンペーン番組…の変質/志賀信夫
<特集2>8・15とヒロシマの「記念番組」
再説・終戦記念報道論/鈴木 均
8・15欠落のヒロシマ/三津田透
民放研究12 北海道放送・札幌テレビ放送 その1/和田矩衛
視座・作品評
  沖縄返還調印式/門馬 隆
  夫婦善哉/猪俣勝人
  ラブ・ラブ・ショー/中島竜美
  噂(日曜劇場)/関口英男 鈴木篤士
  ここから始まる/松田ふみ子
  題名のない音楽会/伊藤海彦
  歌のビッグステージ/大沼 正
  あすへの記録/美堤 厚
新しい映像時代へのアプローチ
ジーン・ヤングブラッド著「エクスバンディッド・シネマ」紹介/村川 英
書評 「広告界の殺し屋たち」ジェリー・デラ・フェミナチ著/清水正晴
反作用 こんげつのざっしから/青木貞伸
 

No.43/1971年7月号

<特集>ワイドショーにおけるナマとは?
ナマワイドショーのナマとは何か?/鈴木 均
ナマを放出するパーソナリティとは/高瀬広居13
<現場の声>
  RABニュースレーダー 燃える報道陣/須藤真利
  23時ショー たのむからみてけれヤー!/有馬康彦
  ワイドサタデー 瀬戸内海共同体をスタジオに/阿部正義
  イブニンkochi ようやくリズムが出てきた/小森幸雄
  モーニングジャンボ 体験的テレビ瀬戸際論/鵜飼宏明
  おはよう9チャンネルです
  訪ねる人も訪ねられる人もお国言葉/大西 等
  モーニングショー 最も痛感していること/小田久栄門
<特集>「修正」ならざる「浮上」の音声放送再編成
音声放送再編成のみち―通信政策の問題点を探る/田所 泉
離島にこそ中波を 音声再編成に望む/福田敏之
ホンネはは微妙な情況にあり TBS.QR.LF/松田 浩
民放研究11 仙台放送/和田矩衛
視座・作品評
  忘れないでくれ(日曜劇場)/清水正晴
  夜の大作戦/柴田 仁
  ワンパク番外地/津田 類
  FMでおはよう/秩父久方
  スター千一夜/大久保久栄
  八時だよ、出発進行/中島竜美
  小川宏ショー/岡部 龍
  オレンジの季節/山根祥敬
  おはよう片山竜二です/裏路美留
 

No.42/1971年6月号

<特集>放送・不可視の抑圧 放送20年史的展開
イントレランスのない時代/志賀信夫
テレビ安保以降 寛容の中の抑圧/青木貞伸
<ラジオ>からの証言/吉村育夫
テレビに積極的な風化を/内田栄一
沈黙の問いかけ/吉永春子
陽焼けした生活人からの発言/萩元晴彦
良心的放送闘系者X氏と民放プロデューサーY氏の対話
/山内久司
蟻の社会からもぐらの君へ/鳥山 拡
「抵抗」の理論化を!/波多野誼余夫
作品短評
  大忠臣蔵/吉田知恵男
  おやじばんざい/北村民六
  軍兵衛目安箱/井口恭子
  深夜放送をこう思う/林 冬子
  こんにちは奥さん/白井佳夫
  小川宏ショー/矢野誠一
  お昼のゴールデンショー/増淵 健 石崎勝人
  ふるさと紀行/大橋弘明
  人間列島―祖国―/山本喜久男
  パノラマ日本・日本人/水野 肇
  ピック・スポーツ/金久保雅
エンツェンスベルガー「意識産業」解題/片岡啓治
CM文化とアングラ映画/石崎浩一郎
アメリカでいちばんホットな広告代理店WRG/藤原恒太
 

No.40・41/1971年4・5月号

<特集>PTの理論とその方向
PTへの持論・私はこう思う/放送評論家・鳥居 博
TVキイ局
  TBS・野中 勝
  フジテレビ・宮脇厳雄
セミキイ局
  朝日放送・大野 坦
  東海テレビ・則武 弘
ローカル局
  四国放送・石川良彦
  福島中央TV・今泉正顕
ラジオ
  ニッポン放送・柳 治郎
  日本広告主協会・永田久延
  広告代理店・片山 明
特別研究 アメリカのラジオ・セールス―歴史・置局・編成・PT―/佐藤知恭
教養番組とプレゼンテーション/和田矩衛
反論 「批評」から現場へ/荒川邦衛
本誌3月号ばばこういち氏の反論「現場から批評家へ」に対して
 

No.39/1971年3月号

<特集>新ネットワークの問題点
ネットワークに対する持論・私はこう思う…
TVキイ局
  NTV・大森 茂
  TBS・木下俊輔
  フジテレビ・東出三郎
セミキイ局
  毎日放送・高橋信三
  北海道放送・鈴木信次
ローカル局
  信越放送・大日方忠夫
  中京テレビ(U)・高山 晃
ラジオ
  文化放送・忠石守雄
  日本広告主協会・関川左木夫
  広告代理店・堀江史朗
  放送評論家・瓜生忠夫
対談・リポート分析/青木貞伸 志賀信夫
反論 現場から批評家へ―本誌1月号荒川邦衛氏の「作家曽野綾子さんに訊く」に対して
/ばばこういち
座談会による作品批評「わが父わが母」「赤い車」「悪徳」「晴雨計」
/石崎浩一郎(まとめ) 米村 噺 和田矩衛
 

No.38/1971年2月号

<特集>番組審議会
十二歳の放送番組審議会/鳥山 拡
ふくめん座談会 番組に期待し過ぎているんじゃないですか
番組の将来は―/山本 明
関東・東海・近畿20局 番組審議会に関する調査資料
/まとめ・餌取章男
民放研究10 サンテレビジョン/和田矩衛
昭和45年度芸術祭ラジオ部門審査評
ドラマ・ドキュメンタリー部門/並河 亮
音楽の部/丹羽正明
合唱曲の部/金子 登
番組・作品批評
  永良部の洗骨/吉田知恵男
  富士山/飯島 正
  六輔さすらいの旅/白井隆二
  張込み/品田雄吉
  世界のワンマンショー/大沼 正
 

No.37/1971年1月号

<特集>放送はこれからどう変わるか?…
自民党にみる電波ビジョン/戸川猪佐武
NHK・川上行蔵放送総局長に訊く/高瀬広居
民放連・今道潤三会長に訊く/志賀信夫
日本経済新聞・中川順常務取締役に訊く/野崎 茂
二つの「反資本の論理」/青木貞伸
曽野綾子さんに訊く/荒川邦衛
アメリカのテレビはどう進むか/村川 英
<特集>情報産業の主役…
電電/通信サービスの青写真/川上 宏 山下 進
電通/これからの広告代理店の変容/石川弘義
提言 芸術祭'71年を迎えて/和田矩衛
番組・作品批評 芸術祭参加作品
  流氷の原/山本恭子
  海のあく日/品田雄吉
  第十一医療隊/和田矩衛
  航跡/秩父久方
  天福寺門徒衆/大木英吉


BACK / HOME / NEXT

 
更新:2011/7/4



リンクこのサイトについてお問い合わせ/MAP